社会医療法人 名古屋記念財団 名古屋記念病院

診療科のご案内

血液・化学療法内科

担当診療科:血液・化学療法内科、化学療法内科、疼痛緩和内科

スタッフ紹介

輸血部部長

片岡 孝江

専門:血液・臨床腫瘍学・癌化学療法・造血幹細胞移植

コメント

血液・化学療法内科では、造血器腫瘍を主とした血液疾患と、種々の悪性腫瘍の診療を担当しています。

当科では、以下の疾患を診療しています。血液疾患として、造血器腫瘍(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫など)、血小板減少症、溶血性貧血など、薬物療法を行う悪性腫瘍として、乳癌、胃癌、結腸癌・直腸癌、泌尿器の腫瘍(例:精巣腫瘍)などです。

血液疾患は、片岡 孝江(輸血部部長)、粥川 哲(血液化学療法内科部長 兼 外来化学療法室長)、鈴木 奈々、平出 賢太郎の4名で担当しています。

造血器腫瘍に対する化学療法(抗がん剤による治療)の進歩は目覚しく、治ったり長期に生存される患者様もふえています。難治性のT細胞リンパ腫や、多発性骨髄腫の治療薬も開発されています。抗がん剤の効果が高い造血器腫瘍、精巣腫瘍などに対して、造血幹細胞移植を併用した大量化学療法も行っています。自家末梢血幹細胞移植、血縁者間同種末梢血幹細胞移植を行っています。

当院の血液内科診療には以下の特徴があります。適切な化学療法を選択する上で不可欠となる、詳細で厳密な診断を心がけています。合併症をお持ちであったり、高齢の患者様にも、個々のケースに合わせた治療をおこなっています。緩和ケアチームとの連携により、苦痛を軽減して、治療を乗り切る工夫をしています。造血幹細胞移植にもとりくんでおり、大半の患者様は当院で治療が完結いたします。

以上のように、当科では、より良い悪性腫瘍の治療をめざして努力しています。

 

経歴

1981年3月
名古屋大学医学部卒業
1981年4月
名古屋えき済会病院研修医
1983年4月
名古屋えき済会病院内科
1985年9月
愛知県がんセンター病院内科
1988年7月
名古屋大学医学部付属病院第一内科
1991年9月
東京都立駒込病院化学療法科
1992年9月
名古屋記念病院腫瘍科
1997年8月
同 腫瘍科部長
2004年12月
同 血液・化学療法科部長
2017年4月
同 輸血部部長

所属学会

日本内科学会、日本血液学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本輸血・細胞治療学会、日本臨床腫瘍学会、日本造血細胞移植学会、日本消化器病学会

主な資格

日本内科学会認定内科医・指導医
日本血液学会認定血液専門医・指導医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本内科学会東海地方会評議員
医学博士
名古屋大学医学部臨床准教授
名古屋市立大学医学部臨床教授


化学療法科部長

伊奈 研次

専門:消化器がん(胃がん・大腸がん)化学療法・炎症性腸疾患 診断と治療

コメント

当院 消化器科・消化器外科のご理解とご協力のもとに、消化器がんならびに炎症性腸疾患(IBD)の患者様のQOL向上をめざし、心身に優しい治療を心がけております。また血液・化学療法科および緩和療法科からの支援とアドバイスを受け、さまざまな臨床試験・自主研究を積極的に行い、患者様のニーズに応じた診療レベルの向上に努めております。

手術不能進行胃がんに対する化学療法の奏効率は50-70%にまで向上しており、S-1/CDDP併用療法、TSP(TXL/S-1/CDDP)三剤併用療法、S-1/ CPT-11併用療法あるいはタキサン系を用いた化学療法などエビデンスに基づいた治療を心がけています。そのなかでQOLを重視し、入院期間を短くする工夫を行っています。

大腸がんの化学療法は、2003年にUFT/ユーゼル療法が、そして2005年4月にはオキサリプラチンが認可され、FOLFOX療法あるいはイリノテカン併用療法(FOLFIRI, IRIS)をはじめさまざまなプロトコールが開発され、奏効率は50%を超えるようになりました。また最近では、抗VEGF抗体などの分子標的剤を併用することにより、当院でも手術不能進行大腸がんで2年を超える生存例を経験するようになってまいりました。また外科のご理解を得て、エビデンス・レベルの高い手術後補助化学療法を行っております。 

炎症性腸疾患(IBD): 2006年8月に開設されたIBD専門外来が、2007年11月より月・水の午後、週2回に拡充されました。病診連携医からの紹介患者も増えており、潰瘍性大腸炎に対する白血球除去療法、腸管狭窄に対する内視鏡下バルーン拡張術などの治療実績もあがってきております。栄養士・NSTチーム、ソーシャルワーカーのサポートを得て、患者様のQOL向上をめざすとともに、消化器外科のIBD専門医のご協力を得て、手術治療にも積極的に対応しております。

経歴

1983年3月
名古屋大学医学部卒業
1983年6月
国立名古屋病院(現・国立病院機構名古屋医療センター)臨床研修
1985年4月
同 消化器科スタッフ
1987年4月
名鉄病院 消化器科スタッフ
1989年4月
名古屋大学医学部第一内科 大学院入学
1992年10月
米国オハイオ州クリーブランドクリニック 消化器科 research fellow
1993年10月
米国オハイオ州ケースウェスタンリザーブ大学 消化器科 research associate
1997年10月
名古屋大学医学部第一内科 大学院修了
1992年11月
名古屋大学医学部第一内科 医員
2004年7月
名古屋記念病院 化学療法科部長

所属学会

日本内科学会、日本臨床腫瘍学会、日本癌治療学会、日本緩和医療学会、日本東洋医学会、American College of Physician、American Gastroenterology Association、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本消化器がん検診学会、日本消化器病学会

主な資格

日本臨床腫瘍学会 がん薬物治療専門医
日本内科学会 専門医
日本消化器病学会 総会評議員・指導医・専門医
日本消化器内視鏡学会 支部評議員・専門医
Fellow of American College of Physician (FACP)
日本医師会認定産業医
老年専門医


血液化学療法内科部長・外来化学療法室長・在宅医療部副部長

粥川 哲

専門:血液・臨床腫瘍学・癌化学療法・造血幹細胞移植

コメント

血液内科では白血病や悪性リンパ腫・多発性骨髄腫といった「血液のがん」を主な診療項目としています。これらの病気は手術ではなく、化学療法(抗がん剤)によって「切らずに治す」治療を行います。難治性で非常に重い疾患もありますが、完治する可能性も高くなってきており、積極的に病気と立ち向かうことが重要です。最新の知見に基づいた治療を実践するなかで、合併症をお持ちの方や、ご高齢であっても治療を積極的にお考えの方には、ご本人のご意思を尊重して最適な治療を選択できるよう、患者さまとの対話を大切に診療させていただきます。また、長い闘病生活を一貫して支援できるように、早期より、緩和ケア部門と連携し、病状の経過によっては終末期医療にも対応します。

外来化学療法室は、血液疾患の患者さまだけでなく、各診療科で外来治療されているすべてのがん患者さまにご利用いただいており、年間のべ2000件程度の治療を行っております。子育てや勤務を継続しながら「がん」と闘っておられる患者さまも多くいらっしゃいますので、日常生活を維持しながら、安全で質の高い外来化学療法を提供できるよう目指しております。病院で治療を受けておられる時間だけでなく、各科主治医と協力して患者さまお一人お一人の状況を常に詳しく把握するよう努めております。また、外来化学療法室に直通電話を用意しておりますので、治療が終わって自宅に戻られてからも、体調の変化や不安なことがございましたらご相談いただける体制を整えております。

経歴

1998年3月
名古屋市立大学医学部卒業
1998年4月
名古屋第二赤十字病院研修医
2000年4月
名古屋第二赤十字病院血液内科
2002年4月
名古屋市立大学腫瘍・免疫内科学大学院
2006年4月
名古屋記念病院血液・化学療法内科
2010年12月
名古屋記念病院外来化学療法室長
2012年4月
名古屋記念病院血液内科部長 兼 外来化学療法室長
2017年4月
名古屋記念病院血液化学療法内科部長 兼 外来化学療法室長 兼 在宅医療部副部長

所属学会

日本内科学会、日本血液学会、日本臨床腫瘍学会、日本造血細胞移植学会

主な資格

日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医
医学博士
日本血液学会 血液指導医


緩和療法内科部長・健診推進センター長

長尾 清治

専門:緩和療法・固形癌の化学療法

コメント

日本緩和医療学会 The PEACE Project の資料には以下のことが記載されています。

 1) 緩和ケアは「病気の時期」や「治療の場所」を問わず提供され「苦痛」に焦点があてられる。

 2) 「何を大切にしたいか」は患者家族によって異なる。

 3) いつでも、どこでも、切れ目の無い質の高い緩和ケアが受けられることが大切である。

当院でも2000年にコンサルテーション型の緩和ケアチームができ、上記事項の十分な達成にはまだ至ってはいませんが、活動を行っています。チームは多職種(医師・看護師・薬剤師・臨床心理士・栄養師・理学療法士・ソーシャルワーカーなど)からなり、カンファレンス、回診、学習会、多施設との連携などにとりくんでいます。少しでも患者さまのニーズに応じるよう努力しています。

経歴

1976年3月
岐阜大学医学部卒業
1980年3月
岐阜大学大学院終了
1982年5月
米国ロス・アラモス国立予防研究所留学
1985年11月
岐阜大学医学部助手
1986年3月
名古屋記念病院腫瘍科
2004年
同 緩和療法内科部長
2010年
同 健診推進センター長

所属学会

日本内科学会、日本緩和医療学会、日本在宅医療学会、日本死の臨床研究会、日本人間ドック学会

主な資格

日本緩和医療学会暫定指導医
日本人間ドック学会認定医
医学博士


化学療法科医長

古田 竜一

専門:消化器癌の化学療法・炎症性腸疾患 (日本消化器病学会認定専門医 ・日本消化器内視鏡学会認定医)

吉田 嵩

平出 賢太郎

露木 涼子

ページの先頭へ戻る

診療科について

血液中の白血球の減少した患者様の入室するクリーンルームを4床備えています。患者様にとって閉鎖感の少ない開放的なクリーンルームとなっています。