社会医療法人 名古屋記念財団 名古屋記念病院

診療科のご案内

呼吸器内科

スタッフ紹介

呼吸器内科部長

宮﨑 幹規

専門:呼吸器一般、気管支鏡診断、肺癌化学療法

コメント

呼吸器内科では胸膜、気管支、肺の病気の診療にあたっています。

代表的な病気は、肺炎(細菌性肺炎)、COPD(肺気腫 慢性気管支炎)、気管支喘息、肺癌などです。
いずれの疾患も現在では標準的な治療が明かにされており、ガイドラインという形で世に出ています。当院ではこれらのガイドラインに沿いながら、患者様のご意向も考慮して治療するよう心がけています。

肺炎、COPD、気管支喘息などは、救急外来にかかられることも多いと思いますが、その場合は総合内科で治療をさせて頂く事もあります。

肺癌については、当院の中で化学療法科などと協議をしながら、がん治療として統一した考え方のもと、診療は呼吸器内科で受け持たせていただいております。

内科では主に手術のできない方を中心に化学療法(抗癌剤治療)を行っていますが、当院の胸部外科とは緊密な連携が取られており、胸部X線の異常影の精密検査を行い、手術が出来る状態の方は胸部外科で手術を受けたいただくことになります。

また放射線科との連携で、放射線化学療法も可能です。

睡眠時無呼吸症候群の検査と治療は、より専門性の高い医療機関にご紹介させていただいています。

最近は咳が良く出るとおっしゃる患者様が増えています。咳は様々な原因で生じますので、長引く咳でお困りの方は受診いただいて検査を受けられると良いかと思います。

経歴

1996年
名古屋第二赤十字病院勤務
2001年
名古屋市立大学大学院
2005年
名古屋市立大学病院呼吸器内科勤務

呼吸器内科病棟医長

冨田 勇樹

専門:呼吸器一般

鈴木 博貴

専門:呼吸器一般

小川 操希

立石 遥子