社会医療法人 名古屋記念財団 名古屋記念病院

診療科のご案内

産婦人科


名古屋記念病院の「お産についてのご案内」はこちらからご覧いただけます。 お産についてのご案内

スタッフ紹介

産婦人科顧問・院長補佐・地域連携センター副センター長

神谷 典男

専門:婦人科腫瘍 更年期障害 骨粗しょう症

コメント

婦人科
2014年の婦人科手術件数は約300件で、悪性腫瘍の占める割合は約20%である。
子宮頚癌は検診の普及もあり、初期癌が多く子宮温存目的に行われる円錐切除術は、年間約30症例施行。又、進行子宮頚癌に対して全身化学療法を、手術又は放射線治療と組み合わせる修学的治療を行っている。
子宮体癌はⅠ期症例が大半にて手術による根治性が高いが、Ⅱ期以上の進行例も稀にみられ術後化学療法により再発予防に努めている。2012年は13症例を手術。
卵巣癌は症状が出にくく発見時進行例が多い。70パーセントの症例がⅢ期以上の症例であるが化学療法の感受性も高く進行例でも延命が期待できる。2012年は11症例を手術。
子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍などの良性疾患や、子宮脱、膀胱脱などに行う膣式手術にも力を入れている。
腹腔鏡下手術にも力を入れており良性卵巣腫瘍、子宮筋腫核出など、2014年は88例施行。

産科
2001年7月、地域住民の要望もあり産科病棟を開設。自然分娩を基本に、分娩時の夫立ち会いや、カンガルーケア、母乳哺育、母児同室なども推進している。総合病院であることを活かし合併症妊婦にも対応しているがNICU(新生児集中治療室)は併設されていないため切迫早産、重症合併症妊婦の一部は他院へ母体搬送することもあり、生まれた児の状態によっては新生児搬送することもある。月間の分娩数は約20件で、ベッド数(個室6部屋、2人室1部屋、4人室1部屋)に対しまだ余裕はあり、分娩数の増加にも対応できる状況にある。


副院長・産婦人科部長

石川 尚武

専門:婦人科腫瘍 周産期医学 産婦人科一般


産婦人科 医長

廣中 昌恵

産婦人科 医長

小田川 寛子

産婦人科

佐藤 静香

産婦人科

高木 春菜