院長ごあいさつ

 東海クリニックはホスピーグループ最初の透析サテライト施設として、昭和50年に愛知県東海市に開設し、 平成9年に現在の場所に新築移転を致しました。
 ホスピーグループとは昭和46年に名古屋クリニック(現新生会第一病院)から始まり、 名古屋記念病院と他に透析サテライトとして金山クリ ニック、鳴海クリニック、新生会クリニック、 東海知多クリニック、平針記念クリニック、身体障害者療護施設あしたの丘を擁する医療福祉グループです。
 東海クリニックは地域医療機関との連携を図ることにより現在、知多半島北部方面の方を中心に 200名を越える通院透析患者さまがみえます。当クリニックでの医学管理は、腎臓科医師、各専門分野の医師と 透析経験豊かな看護師・臨床工学技士・薬剤師・管理栄養士等を配置し、より安全性を重視した治療を 行っております。また設備・医療機器の充実を図り、より質の高い血液浄化療法(透析治療)を実践致しております。
 更に入院・手術・特殊治療(専門外来を含む)を必要とする患者さまには関連病院である 新生会第一病院(名古屋市天白区)と名古屋記念病院(名古屋市天白区)において総合的に治療・入院が できる体制を整備致しております。
 職員一同、より良い透析医療を目指し、たゆまぬ努力を続けていく所存であります。
 ご意見・ご質問がございましたら遠慮なくお問い合わせください。

 

院長 佐藤 晴男

 

 

 

■略 歴

昭和53年3月  金沢大学医学部卒業 卒業後、静岡厚生病院、安城厚生病院、坂下病院に勤務
昭和60年7月  名古屋大学医学部第一外科に勤務、血管外科を専攻し、医学博士号取得
昭和62年12月 退職後、国立中部病院、愛知県職員病院の外科(消化器外科、血管外科)に勤務
平成9年4月   新生会第一病院に勤務
平成9年7月   東海クリニックに勤務し、現在に至る。

 

■所属学会

日本透析医学会、日本透析医会、日本腎臓学会、日本内科学会、愛知県透析医会

 

 

 

 

■略 歴

昭和49年3月 名古屋大学医学部卒業
昭和49年5月 中部労災病院勤務
昭和50年4月 名古屋大学医学部付属病院勤務
昭和54年7月 名古屋大学医学部附属病院勤務
昭和60年8月 愛知県立尾張病院勤務

昭和63年4月 大同病院勤務
平成1年12月 第一生命医務部勤務
平成19年8月 十全クリニック勤務
平成23年5月 東海クリニック勤務

 

■所属学会

日本透析医学会、日本内科医会

 

■資 格

日本医師会認定産業医

 

■略 歴

 

■所属学会

 

■資 格

 

 東海クリニック看護部は、ホスピーグループ腎透析事業部看護部として、 ≪「看護は人間(ひと)である」を基本理念とし、 いのちと人権を尊重し「その人らしく生きられる」ように支援をします。≫ を共通の理念としています。

近年、透析患者さんは高齢化や様々な合併症の重症化などにより身体面・生活面の調整が複雑化しています。 基幹病院や地域との連携を密にし、多職種と共にチームの一員として、切れ目のないサービスを提供し 患者さんが安心して透析生活が送れるよう支援に努めています。

 新人看護師の育成では、透析看護の経験がなくても安心して業務できるよう、教育体制を整えています。 継続教育では、ホスピーグループ腎透析事業部看護部の看護教育を実施し、さらに看護を深めていく教育体制をとっています。 また、各種学会の参加や研究発表にも取り組んでおり、より質の高い透析看護の提供を目指しています。チーム全体で支えるとともに、育みあい成長するための対話の場づくりを実践し、風通しの良い働きやすい職場を整えています。

私たちは、アットホームで皆様から信頼してもらえるクリニックを目指します。