診療科・医師紹介

麻酔科

  役職
医師名
卒業年 所属学会(資格)

麻酔科部長
長谷川 愼一

平成元年

日本麻酔科学会 (麻酔科専門医・指導医)
日本ペインクリニック学会

手術室医長
栗本 恭好
平成26年

日本麻酔科学会 (麻酔科専門医)
日本集中治療医学会 (認定集中治療専門医)

非常勤医師
湯本 美穂
平成元年

日本麻酔科学会 (認定医)
日本集中治療医学会 (認定集中治療専門医)
日本周術期経食道心エコー認定医

非常勤医師
荒川 陽子
平成3年

日本麻酔科学会 (麻酔科専門医・指導医)

非常勤医師
三宅 来夢
平成21年

日本麻酔科学会 (麻酔科専門医・指導医)

非常勤医師
絹川 友章
平成21年

日本麻酔科学会 (麻酔科専門医)

 

 

 

 手術中の全身麻酔を中心に麻酔管理を行っています。手術途中で麻酔が覚めたり、痛みを感じたりすることが無いように、そして手術が終わったら速やかに問題なく麻酔から覚めるように、常に患者さんのそばで全身状態の管理を行う診療科です。安定した麻酔管理は執刀医が安心して手術を行うためにも欠かせません。手術中、患者さんに負担のかかるタイミングに合わせて麻酔薬の調整を行うだけでなく、出血量や尿量や呼吸の状態を見ながら、様々な薬剤や点滴を駆使して、安全に手術を完了できるように努力しております。
 また麻酔は事前の準備が大変重要です。全身麻酔の前には、麻酔科医師が直接お伺いして患者さん個々の注意点や問題点を確認し対応策を立てております。患者さんにとって。一時的に意識が無くなる「全身麻酔」は大変不安なことだと思いますので、麻酔前の訪問時に遠慮なくご相談ください。安心して手術が受けられるよう、いつもそばにいますので一緒にがんばりましょう。

 

 現在、人手が少ないため、主に院内や開業医の先生からの紹介を受けた患者さんを中心に診察しております。
 当院での治療をご希望の方は、お電話にてご相談ください。悼みの状態をお聞きした上で対応しております。診察時間は特に設けておらず、ご相談の上決めていきます。
 紹介で多いのは、帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛、術後創部痛、がん性疼痛ですが、痛み全般:頭痛、顔面けいれん、眼瞼痙攣、顔面神経麻痺、突発性ん難聴、頚椎症、頚肩腕症候群、椎間板ヘルニア、脊柱菅狭窄症、腰痛、大腿神経痛、坐骨神経痛などが治療の対象疾患です。
 治療は、漢方薬を含めた薬物内服療法に、血管拡張剤を中心とした点滴療法や痛い箇所に合わせた注射(神経ブロック)療法を併用して行っております。
 当科の設備では、十分な治療ができない患者さんもおられますので、そういった場合には、相応の設備がある大学等の病院やペインクリニック専門委員を紹介しております。
 今、抱えられている悼みが少しでも和らぎ、QOL(生活の質)が上がるお手伝いができればと考えておりますのでお気軽にご相談ください。