診療科・医師紹介

整形外科

  役職
医師名
卒業年 所属学会(資格)

整形外科部長
小澤 英史

平成12年

日本整形外科学会 (整形外科専門医、整形外科指導医、骨・軟部腫瘍認定医)
日本がん治療認定医機構 (がん治療認定医)
中部日本整形外科災害外科学会
日本癌治療学会
日本リハビリテーション医学会
日本サルコーマ治療研究学会

東海骨軟部腫瘍研究会
骨軟部腫瘍治療法検討会
八事整形会

整形外科病棟医長
都野田 真健

平成19年

日本整形外科学会 (整形外科専門医、整形外科指導医、小児運動器疾患指導管理医師)
日本整形外科学会認定 (運動器リハビリテーション認定医)

日本リハビリテーション医学会(認定臨床医)

日本小児整形外科学会

中部日本整形外科災害外科学会

整形外科病棟医長

清水 光樹

平成21年

日本整形外科学会 (整形外科専門医、骨・軟部腫瘍認定医)

日本がん治療認定医機構 (がん治療認定医)

中部日本整形外科災害外科学会

日本サルコーマ治療研究学会

一般財団法人ライフ・プランニング・センター 

がんリハビリテーション研修修了

医師

藤田 明子

平成22年

日本整形外科学会 (整形外科専門医)

日本手外科学会

日本足外科学会

医師

長田 直大

平成31年

日本整形外科学会

中部日本整形外科災害外科学会

非常勤医師

杉浦 英志

昭和60年

日本整形外科学会 (整形外科専門医)

日本リハビリテーション医学会 (リハビリテーション科専門医)

非常勤医師

酒井 智久

平成20年

日本整形外科学会 (整形外科専門医)

 

 

 

 

 運動器(骨、関節、脊椎、靭帯等)におこる外傷、変性疾患、腫瘍性疾患等の診断治療を行っており、特に骨・軟部組織に発生する悪性腫瘍(骨肉腫や平滑筋肉腫等)や良性腫瘍について、名古屋大学整形外科腫瘍グループ関連施設として力を入れて取り組んでいることが当院整形外科の特徴です。
また、ほかのがん(乳がんや肺がん等)が転移した転移性骨腫瘍に対しても放射線治療や手術治療、運動機能を回復させるリハビリテーションなどを積極的に行っています。
 骨粗鬆症の方は高齢化に伴い増加しておりますが、二次性骨折予防を推進する為、骨粗鬆症を有する大腿骨近位部骨折に対して早期から治療を実施しております。 

 手術件数は年々増加傾向にあり、外傷や腫瘍を合わせ年間1,000件前後にのぼります。満床等での手術待機期間が長くならないよう、地域全体で機能分担することが重要です。当院では「地域連携パス」を活用して術後早期にリハビリ専門病院へ転院できるよう取り組んでおります。専門施設でのリハビリは、早く良好な機能の回復が期待されるため、患者さんにとって大きなメリットとなっています。

 

【対象疾患】

四肢の外傷(大腿骨転子部骨折・大腿骨頸部骨折・橈骨遠位端骨折など)
骨腫瘍、軟部腫瘍
転移性骨腫瘍
変性疾患

 

◎大腿骨転子部骨折

金属のネイルやスクリューで固定します。

 
手術で固定しても、途中でズレてきたり、癒合しなかったり、大腿骨頭の血流障害による壊死が起きた場合は、人工骨頭や人工関節に交換します。


◎大腿骨頸部骨折

骨折部のズレが少ない場合、金属のスクリューやプレートで固定します。


ズレがある場合は、人工骨頭挿入術を行います。


 

 

◎橈骨遠位端骨折

ズレが大きいものでは、金属のプレートとネジで固定します。

 

 

◎上腕骨近位部骨折

金属のネイルやスクリューで固定します。

 

 

◎膝蓋骨骨折

針金とワイヤーで固定します。

 

◎骨軟部腫瘍

 骨や筋肉・脂肪などの軟部にできる腫瘍で良性も悪性もあります。
良性腫瘍の代表的なものは脂肪腫や神経鞘腫、血管腫などです。問診とCT・MRIなどで画像診断を行ったうえで、必要なら腫瘍組織の一部を採取して病理診断(組織を顕微鏡でみて診断すること)を行います。
粉瘤やガングリオンなどの腫瘍類似疾患の診断も行っています。
悪性腫瘍は転移性腫瘍と原発性腫瘍にわけられます。転移性腫瘍は肺がんや乳がんなどが骨軟部に転移して腫瘍が形成されたものです。原発性骨軟部悪性腫瘍は主に肉腫といわれ、手術で切除して人工関節や筋皮弁による再建が必要なものもあります。種類によっては全身化学療法(抗がん剤)や放射線治療などをくみあわせて治療にあたります。

 

  2020年度 2021年度 2022年度
外来患者数 11,360 12,205 12,902
入院患者数 928 1,011 1,069

 

入院の契機となった傷病名(MDC6)

2020年度

2021年度

2022年度

股関節・大腿近位の骨折

200

234

248

前腕の骨折

79

133

146

骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く)

57

58

81

足関節・足部の骨折

67

61

66

肘関節周辺の骨折

54

46

52

手関節周辺の骨折

41

34

29

膝関節周辺の骨折

41

40

54

鎖骨・肩甲骨の骨折

25

29

62

肩関節周辺の骨折

30

30

46

軟部の悪性腫瘍(脊髄を除く)

17

15

21

四肢筋腱損傷

18

13

19

骨の悪性腫瘍(脊椎を除く)

6

8

15

 

手術件数

2020年度

2021年度

2022年度

四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術

7

6

12

四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術

39

60

89

骨悪性腫瘍手術2

2

6

7

骨腫瘍切除術

13

22

23

骨折観血的手術

397

452

484

関節内骨折観血的手術

35

30

25

人工骨頭挿入術

69

79

86

骨折非観血的整復術

56

57

89

骨内異物(挿入物を含む)除去術

113

123

112

骨折経皮的鋼線刺入固定術

62

73

92