診療科・医師紹介

産婦人科

 

名古屋記念病院の「お産についてのご案内」はこちらからご覧いただけます。

 

  役職
医師名
卒業年 所属学会(資格)

産婦人科部長
廣中 昌惠

平成13年

日本産科婦人科学会(産婦人科専門医・指導医)
日本産科婦人科内視鏡学会

母体保護法指定医
臨床研修指導者講習会修了
da Vinci Xi Certification取得(Console Surgeon)

産婦人科医長
佐藤 静香
平成18年

日本産科婦人科学会(産婦人科専門医・指導医)
日本女性医学会(女性ヘルスケア専門医・指導医)
日本産科婦人科内視鏡学会

母体保護法指定医
da Vinci Xi Certification取得 (Console Surgeon/First Assistant)

医師
青井 好
平成25年

日本産科婦人科学会(産婦人科専門医)
日本産婦人科乳腺医学会
日本女性医学学会
da Vinci Xi Certification取得 (First Assistant)

医師
鬼頭 まり
平成30年

日本産科婦人科学会
日本女性医学会
日本生殖医学会
日本産婦人科感染症学会

da Vinci Xi Certification取得 (First Assistant)

医師
大川 七彩
令和3年

日本産科婦人科学会

da Vinci Xi Certification取得 (First Assistant)

産婦人科顧問
院長補佐
神谷 典男
昭和56年

日本産科婦人科学会(産婦人科専門医・指導医)
日本がん治療認定医機構(暫定教育医)

産婦人科顧問
石川 尚武
昭和60年

日本産科婦人科学会(産婦人科専門医・指導医)
日本婦人科腫瘍学会
日本癌治療学会
医療の質・安全学会

母体保護法指定医
臨床研修指導者講習会修了

 

 

 

 

 

産婦人科には、婦人科と産科の2つの分野があります。妊娠や出産に関しては産科、それ以外の女性生殖器疾患に関しては、婦人科の領域になります。 複数の女性医師が在籍しており、初めて受診される方も相談しやすい環境を整えております。

対象疾患

●産 科:分娩、流産、早産、異所性妊娠、内科疾患合併妊娠、ハイリスク分娩
●婦人科:子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、卵巣腫瘍、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん

 

当院では随時分娩予約を受け付けています。 助産師も医師も子育て中のメンバーが多く、妊娠や出産についての不安や疑問、質問などあれば、なんでも気軽に話しかけて下さい。 総合病院のため麻酔科や小児科のバックアップがあり、帝王切開も安全に行えます。ただしNICU(新生児集中治療室)は併設していないので、リスクの高い妊娠出産には対応できないこともあります。まずはご相談下さい。

 

代表的な婦人科疾患として、良性疾患(子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症、卵巣嚢腫など)、悪性疾患(子宮頸癌、子宮体癌、卵巣癌など)があります。
良性の手術では、腹腔鏡下手術が多くを占めます。侵襲が少なく、術後回復が早いため、入院期間や療養期間が比較的短くなります。忙しい女性にとって選択しやすい術式です。緊急手術でも、可能な限り腹腔鏡で対応しています。
子宮筋腫には子宮全摘出術と、筋腫だけを取り除く筋腫核出術があります。卵巣腫瘍に対しても、卵巣と卵管を摘出する付属器摘出術と、腫瘍のみ摘出する腫瘍摘出術があります。子宮内膜症も、病巣により術式は様々ですが、ホルモン治療を併用することが多いです。
どの術式も、妊娠前、妊娠希望時、閉経前、閉経後など、1人1人の状況に応じて、術後の生活を考えて相談し、決めていきます。
手術のほかにも、多種類のホルモン治療を行っています。ホルモン治療においても、内服か注射か、避妊の副効用の有無など、選択肢は様々で、患者さんの状況に応じて相談、検討します。
悪性疾患は、組織型やステージによって、手術、放射線治療、化学療法などの治療、または複数を組み合わせた集学的治療を行うこともあります。
また、子宮脱に対しては、腟式手術の他、器具により保存的治療とすることもあります。

 

 当院産婦人科では現在、腹腔鏡手術を積極的に施行しています。
 2023年度より、ロボット支援手術 (ダヴィンチサージカルシステム) を開始しました。

 

 

2020年度

2021年度

2022年度

外来患者数

10,254

10,089

10,500

入院患者数

366

341

328

 

 

2020年

2021年

2022年

子宮筋腫

開腹

37

27

29

腹腔鏡

32

22

29

卵巣腫瘍

開腹

12

9

9

腹腔鏡

32

38

33

円切

15

24

18

外妊

6

4

8

悪性(子宮・卵巣)

19

10

18

 

 

2020年

2021年

2022年

分娩件数

124

90

94

帝王切開件数

49

32

23